swimer

現代歌人シリーズ33『青い舌』山崎聡子

書影「青い舌」

舌だしてわらう子供を夕暮れに追いつかれないように隠した

子供との時間のなかに
前世のような記憶の翳がさす。

いつか、どこかで、わたしは立っていた

2021年7月刊行

定価
本体2,100円(税別)
出版社
書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)
ISBN
978-4-86385-470-3 C0092
 
作品詳細
購入方法
全国の書店で販売中。
紀伊國屋書店ウェブストア、Amazon等でも購入できます。詳しくは書肆侃侃房公式サイトをご覧ください。

一覧ページへ

お知らせ

毎日新聞朝刊で引用されました

2021年8月17日付 毎日新聞朝刊13面、川野里子さんの連載「ことばの五感」にて『青い舌』より1首引いていただきました。


淋しさを水に例えていうことの、子供をもっていることの、舟

――山崎聡子

ページトップへ