swimer

山崎聡子 第一歌集「手のひらの花火」

書影「手のひらの花火」

記憶のような、予言のような―
鋭く、なつかしい言葉たち。

第53回短歌研究新人賞受賞作「死と放埓なきみの目と」を含む、10代後半から20代に書かれた短歌250首を収録。
少女の鮮烈な視点が〝あの世〟と〝この世〟を交錯する。第一歌集。

定価
本体1,800円(税別)
出版社
短歌研究社
ISBN
978-4-86272-319-2
 
作品詳細
購入方法
全国の書店でお取寄せ頂けます。
ネットショップでの購入はこちら

一覧ページへ

お知らせ

『短歌往来』1月号に新作12首とエッセイ掲載

短歌往来2016年1月号 『短歌往来』2016年1月号特集「若い世代の競詠」に新作12首「あかり」とエッセイ「私の愛誦歌」が掲載されました。エッセイは永田紅さんの短歌「人はみな馴れぬ齢を生きているユリカモメ飛ぶまるき曇天」について書きました。


ページトップへ